福岡で人気の医療脱毛

クリニックと脱毛サロンの違い

医療レーザー脱毛と光脱毛の違い

医療レーザー脱毛は医療機関で実施しているレーザー脱毛のこと。医療行為ならではの、医師の立ち会いのもとでのみ許される高出力によるレーザー照射が行われるので、その威力もあって脱毛効果もかなり大きなものとなります。これに対して光脱毛は医療行為ではなく、エステやサロンなどで行われる光のエネルギーを使った脱毛施術のこと。出力の面でもその程度に大きな違いがあり、その分、脱毛効果も異なるものとなります。ただし光脱毛は医療レーザー脱毛に比べて出力が低い分だけ肌への刺激も抑えることができるので、これらの施術につきものの施術中の痛みの面でも比較的抑えることが可能です。また、医療レーザー脱毛に比べると光脱毛はその照射範囲が広範囲に及ぶことが多く、その分、一度に広範囲のムダ毛に対してダメージを与えることができるのがメリットです。毛量の多い部位などに関してはこちらの方が短時間で効率良く照射できるところも利点と言えるでしょう。

医療脱毛と光脱毛の痛みを比較

医療レーザー脱毛と光脱毛を比較してみると、使用している脱毛のマシンに違いがあります。それによって、痛みに関しても違いが出てきます。光脱毛では、毛が生える組織にダメージを与えることでムダ毛が生えにくくなってくるので、除毛処理も楽になるというメリットがあるのですが、永久脱毛をすることは不可能です。一方、医療レーザー脱毛になれば永久脱毛ができるので、脱毛が完了してしまえばもうムダ毛の悩みを抱えることもなくなります。しかし、レーザーは高い効果がある分だけ強い光でもあるので、痛みや肌トラブルの危険性も高くなってきます。痛みに関しては、出力を下げてもらったり施術をそこでストップすればいいのですが、出力を下げれば脱毛の効果まで下がってしまうことになります。しかし、麻酔があれば順調に脱毛を済ませることができます。医療レーザー脱毛は、病院でのみ許可されている脱毛でもあるので麻酔処置をしてもらうことができ、痛みなく脱毛を終わらせることができます。

医療脱毛に必要な回数

エステサロンでは光脱毛機を使って、生えている毛の制毛を行っていますが、医療機関では、医療用レーザー脱毛機を使って、医療脱毛を行い、現在生えている成長期の毛の毛根を破壊しますので、一度施術を受けると、その毛根は二度と生えてきません。一度に処理できる毛は成長期の毛だけで、退行期や休止期の毛は処理できません。従って、一度施術を受けてから2~3カ月後に、休止期であった毛が成長してきたときに2度目の施術を行うのです。光脱毛は、確かに痛みは少ないですが、それは、毛根に当たる光のエネルギーが少ないからで、毛根から毛が生えないようにするには、個人差はありますが12回~18回の照射を受ける必要があります。それに比べて医療脱毛の場合は、やはり個人差がありますが2~3カ月に1回照射を受けて施術を受ける回数は5~6回を目安に考えておけばいいのです。実際には、脱毛3回目までは2カ月に1回の予約を取り、3回目以降は3カ月~4カ月に1回に予約を目安に考えると、5回で脱毛が終了できます。

医療レーザー脱毛の種類と特徴

レーザーの種類

ダイオードレーザー

医療レーザー脱毛の一つであるダイオードレーザーは痛みが少ないことに加えて、脱毛効果が高い特徴があります。この方法は直接肌に照射して、毛や毛根、皮脂腺が破壊されることで毛が抜ける仕組みになっています。医療レーザー脱毛も肌トラブルが生じるリスクがあるのですが、ダイオードレーザは安全性が高いので、肌にも優しい方法だと言うことができます。1回でかかる料金は保険が適用されないので数千円~1万円以上と結構な差があります。安く施術が受けられるのは魅力ですが、明らかに安いところは避けるべきです。ダイオードレーザーもリスクがゼロではない以上、多少費用が高くなったとしても安全性が高いクリニックを選ぶことが重要です。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーとは、医療レーザー脱毛方法の1つで、1997年にアメリカから日本に入ってきました。アレキサンドライトという宝石を使用し、レーザーを照射する際一般的なジェルを使わずに冷却ガスを当てる方法で行うので、ジェルが苦手な方に良いです。アレキサンドライトレーザーは、脱毛効果を始め、シミやそばかすなどの色素沈着にも効果があります。特徴としては、痛みが少ないこと、時間がかからないこと、肌を引き締める効果もあることなどが挙げられます。また、レーザーを照射する都度冷却ガスで瞬時に冷やすことができるので皮膚へのダメージを軽減できるというメリットもあります。皮膚が弱い方や荒れやすい方には効果的な方法と言えます。

ロングパルスヤグレーザー

ロングパルスヤグレーザーとは、皮膚の深い部分の毛根を破壊することができる医療レーザー脱毛です。ロングパルスとは波長の長い近赤外線という意味があり、ロングパルスヤグレーザーは剛毛や色黒の肌の人に適しています。剛毛は柔らかい毛に比べて、皮膚の深部にある場合が多いからです。また、日焼けしている肌でも皮膚表面のメラニン色素にはあまり反応しないため、皮膚にダメージを与えたり火傷などのトラブルが起きてしまうことを防げます。それからロングパルスヤグレーザーは皮膚の深い部分に到達することができるので、VラインやIライン、Oラインなどの部位の脱毛にも最適な脱毛方法です。また、男性のヒゲなどの脱毛にも適しています。

ルビーレーザー

医療レーザー脱毛のレーザーにはいろいろな種類があり、ルビーレーザーは1996年に開発された最も初期の脱毛用の医療レーザーになります。ルビーレーザーは元々は肌のあざの治療のために使用されていましたが、毛根を破壊する効果があることが判明したため、脱毛用としても使用されるようになりました。ルビーレーザーは白人の肌質には合致しますが、日本人のような黄色人種の肌には合わないため、1997年にアレキサンドライトレーザーが開発されました。そのため日本での医療脱毛ではアレキサンドライトレーザーが主流になっており、ルビーレーザーはあまり使用されていませんが、シミ取りの治療ではQスイッチルビーレーザーが使用されています。

脱毛機の種類

ジェントルレーズ

医療レーザー脱毛機の中で、実績数が多く、クリニックでも定評がある脱毛機というと、アレキサンドライトレーザーを照射することができる、ジェントルレーズになります。この脱毛機は、ヘッド部分が軽く設計されているので、医師や看護師も扱いやすく照射漏れがないと高く評価しています。この脱毛機の最大の特徴は、照射口に冷却装置が搭載されているという点で、高熱のレーザー照射を行う直前に、冷却ガスが噴射されるので、肌は一瞬にしてマイナス21度に保たれるので、痛みを感じません。また波長も比較的短いので、毛嚢炎なども起こしにくく、肌が弱い方でも安心できる脱毛機といわれています。照射速度も速く、スピーディに処理が出来ます。

ライトシェアデュエット

医療レーザー脱毛の機器のライトシェアデュエットは、アメリカのルミナス社が製造開発したものであり、世界で初めてアメリカの厚生労働省に当たる米国食品医薬品局(FDA)に認可された永久脱毛の機器になっています。世界で一番利用されている医療レーザー脱毛機器になっていて、治療実績が豊富であり、安全性が高く認められています。照射ヘッドが四角くなっていることが特徴の一つであり、丸いものと違って、同じ場所を重ねて治療することが少なく、肌へのダメージを最小限にして治療を行うことができます。肌を吸引しながら治療することができることが特徴的であり、皮膚を伸ばして、効率的に毛の深部までレーザーが届けられるため、低出力で治療をすることが可能になっています。

メディオスターNeXT

医療レーザー脱毛の中でも最も痛みが少ないと言われているメディオスターNeXTは、従来のように毛根細胞を破壊するのではなく、バルジ領域という毛根細胞に栄養を送る組織力を破壊する脱毛の方法を、採用しているレーザー脱毛になります。お肌全体を温めながらバルジ領域を破壊していきますので、お肌へのダメージが少なく痛みが少ないことが魅力となっています。従来の輪ゴムで弾かれたような痛みでは無く、温かい飲み物が入ったカップを皮膚に当てたような感覚になります。メディオスターNeXTのレーザー脱毛の場合も、他の脱毛と同じように麻酔を行って脱毛の施術を行うことが可能ですので、痛みが少ないレーザー脱毛にはなりますが、医師に相談すると良いでしょう。

ジェントルヤグ

ジェントルヤグは、医療レーザー脱毛の機器の一つです。アメリカのシネロン・キャンデラ社が製造開発している医療レーザー脱毛機であり、強力な威力があることが特徴的になっています。レーザーの波長は、1064nmであり、医療レーザー脱毛の機器の中ではかなり長い波長になっていて、肌の深い部分までレーザーを届けていくことができます。そのため、非常に深い部分にある毛根もしっかりと破壊することができて、確実な脱毛治療をすることができます。また、日焼けした肌や、色素沈着が生じている肌の治療もしっかりと行うことができる機器であり、いろいろな肌の治療に対応してもらえます。ジェントルヤグには、冷却システムも搭載されていて、強力なレーザーを照射するのと同時に肌を冷却できるため、肌の炎症を最小限に抑えることができます。

レーザーと脱毛機の種類のまとめ

美容クリニックで行われている医療レーザー脱毛は、どのクリニックで受けても同じマシンが使用されるとは限りません。レーザー脱毛器にも種類があり、それによって効果が違ってくることになります。より安全で高い効果のある脱毛を受けるためにも、どのようなレーザー脱毛器を導入しているかによってクリニック選びをしてみるといいでしょう。多くのクリニックで導入されているアレキサンドライトレーザーでは、一般的な日本人の肌の色をしている人に向いています。しかし、肌の色が濃い目という人であれば効果が低くなってしまうので、ダイオードレーザーが使用されることになります。人の体の中には、産毛しか生えない部分から太くて濃い毛が生える部分まであります。脇毛やVラインの根深い毛を効果的に脱毛するには、波長が長いロングパルスヤグレーザーが向いています。また、ルビーレーザーであれば、脱毛とともに気になるシミやくすみなどの悩みも解決できることから、女性に多く利用されています。

医療脱毛の料金

クリニックと脱毛サロンの料金の違い

ムダ毛のお手入れを行う上で、エステサロンで受ける脱毛と、医療機関で受ける医療脱毛の二種類の方法を選ぶことが出来ますが、初めて美容施設でケアを受けるという場合エステサロン、医療機関によって施術にかかる費用に大きな違いがあると感じる方は少なくありません。エステサロンなどの美容専門施設は比較的リーズナブルなことに対して、医療脱毛は医療施設でのお手入れということもあり費用が高くなりがちです。この費用の大きな違いは使用されている脱毛機器の性能によって異なってきます。まずエステサロンで使用されているのは主に光美容と呼ばれるフラッシュ脱毛器を利用しており、痛みのない施術はストレスを感じにくくスムーズにケアを行うことが出来ますが、医療脱毛に比べるとどうしても施術効果は劣ってしまう特徴があります。医療脱毛で採用されている医療レーザーを利用したお手入れは、レーザーが毛乳頭を破壊してしまうので、最終的に永久脱毛状態に仕上げることが出来るなど、高い脱毛効果を期待することが出来ます。

福岡の医療脱毛の料金の相場

医療脱毛を受けるときには部位と全身コースがあります。全身の毛が気になっているときは全身のコースを選んだほうが料金は安いです。クリニックの相場を見ていく全身コース(顔とVIOなし)で5回の平均が290,734円、個別に受けると5回で751,127円かかります。同じ全身コース(顔とVIOあり)だと5回平均で408,774円、個別の5回は948,095円です。平均値の相場なので参考程度で見たほうがよいですが、全身コースと個別を比べるとかなり金額に差があります。費用面から見てもわかりますが全身の毛が気になっているときは全身で契約したほうがお得です。その都度気になった部位を行っていくと費用や時間も余分にかかります。ただ、全身が気になっていない場合は部位ごとのほうが良いです。クリニック側からしたら全身コースのほうが必ず通ってもらえるため、中には希望していなくても強く勧めることもあります。その場合ははっきりと断ったほうが良いです。

安い医療脱毛探しのコツ

スムーズな脱毛ケアを受けるためにも、エステサロンなどの美容専門施設に通い始めようと思っている女性は少なくありませんが、エステサロンは店舗数が多く施術も痛みがないので人気が高い反面、完全な永久脱毛状態に仕上げることが出来なかったり、ムダ毛が目立たなくなるまで最低でも10~12回はサロンに通う必要があるため、もっと短期間でお手入れを済ませる方法として、美容皮膚科クリニックなどの医療機関で受けられる医療脱毛ケアが注目されています。ただ医療脱毛は保険診療外となりますので、施術費用が高額になってしまうとイメージをしがちです。そこで少しでも安い医療脱毛を受けられるクリニック探しをする方法として、部分脱毛がリーズナブルなクリニックを探すことをおすすめします。近年では医療脱毛はエステサロン並の費用でお手入れが受けられる場合も多く、人気の脇脱毛なら、回数無制限で3000円台でケアが受けられるクリニックも増えてきています。

支払方法

美容外科や皮膚科で医療脱毛を受けた場合、現金支払いのみのところだと、手持ちのお金が少ない人の場合は利用できなくなってしまいます。それでも施術を受けて綺麗な肌になりたいという人のため、各医療機関は現金一括支払いの他にも、さまざまな支払方法を用意しています。クレジットカード支払いの場合は翌月一括払い、2回払い、ボーナス一括払いなどを利用できます。デビットカードによる支払方法に対応しているところもありますが、この場合はクレジットカードと違って即時決済なので、金融機関から即時に代金引落としとなります。医療ローンをご利用の場合は、多くて60回ほどの分割払いが可能ですが、信販会社に申込手続きを行い、審査に合格しなければなりません。運転免許証や健康保険証などの本人確認書類と印鑑、銀行や郵便局の通帳を持って行くようにしてください。他にも月払いを採用しているところもあるので、どのような支払方法があるかを事前に確認してから、どこで脱毛するかを決めましょう。

医療脱毛に必要な期間

部位ごとに異なる?

医療脱毛はムダ毛への効果が非常に高い施術方法です。1度施術を行えば、ムダ毛の再生率を大幅に減らすことができるので、永久脱毛に近い施術とも言われています。そのため、脱毛にチャレンジしたいと考えている人から、高い支持を得ています。医療脱毛は、メラニン色素にダメージを与えるレーザーを肌に照射してムダ毛を処理していきます。つまり、ムダ毛に含まれているメラニン色素が多ければ多いほど、レーザーの効果を強めることが可能になります。ムダ毛に含まれているメラニン色素の量は、濃さや太さで判断することができます。一般的にワキやVラインのムダ毛は濃く、レーザーの効果を得られやすいという性質があります。そのため、ワキやVラインの処理は少ない回数と期間で脱毛を完了できるというメリットがあります。それに対して、手足はムダ毛が薄くなっています。さらに部位が広いため、施術がすべて完了するまでの期間が長くなる傾向にあります。

部位ごとの医療脱毛との相性

ツルツルの美肌を手に入れる方法として、エステサロンや美容皮膚科クリニックなどを利用している女性が増えてきていますが、その中でも特に脱毛効果が高く、短期間でお手入れを完了することが出来るとして人気が高くなってきているのが医療機関で受けることが出来る医療脱毛施術です。医療脱毛には、医療レーザーと呼ばれる医療機関でしか利用することが出来ない脱毛機器を導入しており、医療レーザーはムダ毛に含まれているメラニン色素に反応して照射される特徴がありますので、ワキのムダ毛やVIOラインなどの部位は特に高い脱毛威力を発揮し、効率よくお手入れを行うことが出来るようになっています。医療脱毛に使用されている医療レーザーは、ムダ毛が濃い部位は特に高い脱毛効果を得ることが出来るので一度の施術でもしっかりムダ毛が抜けるなどお手入れ効果を実感しやすくなっていますし、腕や足などに生えているムダ毛もきちんと処理することが出来るので安心です。

部位別でクリニックに通う周期

一般的にムダ毛のお手入れを行う美容施設というとエステサロンや脱毛サロンを利用する女性が多いのですが、エステサロンで採用されているフラッシュ脱毛はムダ毛の毛周期に合わせてサロンにかよう必要があるので二ヶ月~三ヶ月に一度のペースでサロンに通う事となり、脱毛が完了するまでに数年かかってしまう事は珍しくありません。そこでエステサロンの脱毛期間を約半分で完了することが出来る医療脱毛なら、クリニックによっては複数の医療レーザーを使い分けるので、部位に合わせて適切な医療脱毛を行い毛周期に合わせずにケアが受けられるので、一ヶ月に一度のペースでケアが受けられるので、最短で約半年で部分脱毛や全身脱毛を受けることが可能です。最低施術にかかる回数は約6回だと言われており、医療脱毛は繰り返しケアを受けることでムダ毛が生えてこない永久脱毛状態に仕上げることが出来るので、冬服になる秋から冬の季節の間にクリニックに通い春先にケアを完了させる女性が多いです。